ごみの分別方法

ごみの臨時収集 事業系のごみ収集

臨時収集

一度に比較的多くのごみを処分したい場合、引っ越しなどでごみを処分したい場合、引っ越しなどでごみを処分したい場合、

そんなときは、古賀環美サービスセンターにお任せください!自宅まで回収に伺います!!

平成22年4月1日の収集から、収集運搬料金に加えて処理料金として「粗大ごみシール」が必要になります。シールはお客様が用意されるか、またはこちらで用意できます。

臨時料金

  1台分の臨時料金
一般家庭 事業系
2t車平ボディ
又は、パッカー車
5,400円 8,100円
処理料金 2,570円 2,570円
合 計 7,970円 10,670円

臨時収集の流れ

  • STEP1まずはお問い合わせください。お電話にておおよその見積もりや、ご説明をさせて頂きます。
  • STEP2無料で見積に伺います。収集日時を決めたり、収集の説明をさせて頂きます。分別を要する場合は1台分の料金で2台お伺いすることもあります。
  • STEP3収集日に収集に伺わせて頂きます。収集終了後料金の支払いをお願い致します。
  • STEP4収集された廃棄物は古賀市清掃工場にて適正に処分されます。

古賀環美お問い合わせ先

事業系ごみ

事業系ごみの廃棄なら
古賀市の収集運搬業者、古賀環美サービスセンターにお任せください!
工場・会社・事務所・店舗などの営利目的の事業所と公共サービスなどを行っている学校・病院などの事業活動に 伴って生じた廃棄物を事業系廃棄物と言います。

廃棄物の種類

事業系廃棄物の中には産業廃棄物と事業系廃棄物があり収集業者が異なります。
※法令に基づき市が一般廃棄物の収集運搬業の許可をしている業者です。  
一部の例外を除き、許可業者以外に一般廃棄物の収集運搬を委託することは違法です。

事業系一般廃棄物 産業廃棄物

事業所から排出される事業系一般廃棄物は当社と契約し、事業所用可燃ごみ指定袋に入れて出すことが出来ます。

事業者の責務

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第3条第1項には事業者の責務として以下のように規定されています。

事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない

これ以外にも「古賀市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例」等により、事業系の一般廃棄物の発生抑制や再生利用の促進などが規定されています。

廃棄物の種類
事業活動に伴って生じた廃棄物ですか? NO 家庭系一般廃棄物として廃棄することが出来ます。
YES    
産業廃棄物に該当する20種類の廃棄物ですか? NO 事業系一般廃棄物として廃棄してください。まずはお問い合わせください。
YES  
産業廃棄物として廃棄してください。  

廃棄物20品目
1、燃えがら 2、汚泥 3、廃油 4、廃酸 5、廃アルカリ 6、廃プラスチック 7、紙くず
8、木くず※ 9、繊維くず※ 10、植物性残さ※ 11、動物性固形不要物※ 12、ゴムくず
13、金属くず 14、ガラスくず及び陶器くず 15、鉱さい 16、がれき類※ 17、家畜の糞尿
18、家畜の死体 19、ダスト類 20、1~19までの産業廃棄物を処理するために処理したもの。
※は業種や事業活動の内容が限定されます。

古賀環美お問い合わせ先

  • 古賀環美サービスブログ
  • 採用情報
  • 古賀環美facebook
  • エコリード
  • 遺品整理士
  • 事件現場特殊清掃士

ページトップへ戻る